HOME >  関西のおすすめ腰痛治療病院 >  白庭病院(生駒市)

白庭病院(生駒市)

白庭病院(生駒市)奈良県にある白庭病院は、医療法人社団松下会が平成20年に開設。整形外科部門や脳神経外科部門に力を入れています。

ヘルニア治療を行っている脊椎センターでは、脊椎の治療をメインに、関節、手の外科、外傷と幅広い整形外科治療に対応しています。

具体的には、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症などの腰椎疾患、頚椎椎間板ヘルニア・頚椎後縦靱帯骨化症などの頚椎疾患および、脊柱側弯症・後弯症などの重度脊柱変形の方を対象に治療を行っています。

体への負担が少ない低侵襲手術を採用

整形外科・脊椎センターにヘルニア治療で来院する患者の多くは高齢者で、その理由は定年後の楽しみとしてスポーツをする人が多くなったことにあるそうです。

診察では、患者と30分~1時間くらい話をし、納得のいく方法を検討しつつ、手術のメリット・デメリットを説明するよう心掛けているとのこと。

手術は、脊椎の内視鏡視下手術や、腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡視下ヘルニア摘出術(MED)で行っています。

手術症例総数は379件(2010年)。

もっとも多いのが脊椎手術の178 件で、このうち115件が「低侵襲手術(腰椎手術126 件中102件、頸椎手術48件中10件)」なのだそうです。

低侵襲手術は、痛みなど体への負担を軽減させることができる治療法です。

内視鏡と顕微鏡を使った手術で、皮膚や筋肉を切り開いた際の傷口が2~3センチで済むため、手術後の痛みも少なく、翌日からの歩行が可能。術後の入院期間を大幅に短縮できるメリットもあります。

また、ヘルニアなどの予防について、病院では注意事項が記載された、イラスト付きのパンフレットを患者に渡しているそうなので、楽しみながら知ることが出来ますね。

ホームページには、へルニアについて写真つきで説明が書かれていますが、その他分からないことがあれば、メールでの問いあわせも可能です。

病院情報

名称 医療法人社団 松下会 白庭病院
所在地 大阪府生駒市白庭台6丁目10番1号
診療時間 月~土 午前:9:00~12:00
月~金 午後:14:00~16:00(夜間:17時~20時)
休診日