HOME >  関西のおすすめ腰痛治療病院 >  香芝旭ヶ丘病院(香芝市)

香芝旭ヶ丘病院(香芝市)

香芝旭ヶ丘病院(香芝市)香芝市にある香芝旭ヶ丘病院は、平成元年4月1日に開院されました。診療は、整形外科・内科・リウマチ科・循環器内科・リハビリテーション科・麻酔科・脳神経外科・眼科などを扱っています。

症状では糖尿病とリウマチ、診療科では循環器内科と整形外科に重点を置いています。整形外科では、脊椎と人工関節を扱う「奈良香芝 脊椎・人工関節センター」を開設。HPの紹介文にこの施設の名前が載っているため、力を入れている事が伺えます。

翌日から離床が可能

腰椎椎間板ヘルニアでは、内視鏡や顕微鏡を使用した髄核摘出術を行っています。
髄核摘出術は、椎間板内に直径約4mmの管を挿入、髄核を取り除く施術法です。局所麻酔で治療が可能ですが、脱出したヘルニアを直接取り除く訳ではありません。そのため効果が限られており、年齢が若かったり、ヘルニアが完全脱出してない方などに適しています。

また頚椎椎間板ヘルニアには、椎弓形成術前方固定術を行っています。
椎弓形成術は、後方からの進入による除圧術です。椎弓に切り込みを入れて開き、間に人工骨や患者自身の骨を挿入。脊柱管を広げ、脊髄の圧迫を取り除いていきます。
椎弓を開く方法は、椎弓の中心で開く「縦割法」と、椎弓の片側に切り込みを入れてドアのように開く「片開き法」の2つです。

前方固定術は、脊髄や神経根を後方から圧迫する病変とは異なり、前方から病変を直接切除、脊髄や神経根の圧迫を取り除き、症状の改善を図る施術法です。
手術終了後は、椎間板が無くなったスペースに骨や金属製のネジなどを埋めて脊椎を固定します。後方からアプローチする椎弓形成術に比べ、より良い症状の回復が可能です。

どの脊椎の手術でも患者に翌日から歩いてもらえるよう、配慮しています。

病院情報

名称 香芝旭ヶ丘病院
所在地 奈良県香芝市上中839番地
診療時間 月~土 9:00~17:00
休診日 日祝