HOME >  関西のおすすめ腰痛治療病院 >  早石病院(大阪市)

早石病院(大阪市)

早石病院

昭和15年に外科医院として開業した早石病院は、昭和20年の空襲で一度焼失したものの、同年すぐに再建され現在に至るという経歴を持った病院です。

ご兄弟で院長、副院長を務めており、整形外科(腰痛専門外来)は副院長の早石雅宥先生が担当しています。

 

ライフワークのテーマは腰痛症

早石副院長は、ライフワークのテーマというくらい腰痛治療に力を入れていて、昭和42年から始めた腰痛に関わる手術をすべて含めると、2000症例を超える数になるといいます。

同時に、硬膜外ステロイド注射や脊椎椎間関節ブロック療法などによる保存的療法も積極的に行っています。硬膜外ステロイド注射を外来で実施する金曜日の午前中は、毎週30~40人もの患者さんが来院するといいますから、みなさん効果を実感してるんでしょうね。

このように、手術的治療と保存的治療を両立させることで、患者さんの症状や希望に合わせた腰痛治療を実現しています。

「口調はぶっきらぼうですが問診・触診がとにかく丁寧」(40代男性)など、口コミでの評価も高い早石病院。若干古い口コミでは、病棟や入院棟に年季が入っているという意見も聞かれましたが、平成21年9月に新築・移転工事が完了しています。

より快適な環境になったことで、また患者さんが増えてしまうかも知れませんね。ちなみに早石副院長の診療は完全予約制だそう。初診を希望する方は、事前の電話予約が必要なので注意してください。 

病院情報

名称 早石病院
所在地 大阪府大阪市天王寺区筆ヶ崎町2-75
診療時間 月~金 9:00~11:30・13:30~16:30
土 9:00~11:30・13:30~15:00
休診日 日・祝
URL http://www.hayaishi.or.jp/