腰痛・ヘルニア治療で評判の高い病院とは

このサイトでは、関西の腰痛・ヘルニア治療のおすすめ病院を紹介。
評判の病院や、日帰り手術が可能な病院など、こだわり条件で関西のおすすめの病院をランキングしていますので、病院探しのヒントにしてください。

口コミで評判の腰痛・ヘルニア病院リスト 日帰り手術が可能な腰痛・ヘルニアの病院リスト

ほか、腰に関する病気の病名ごとにおすすめの病院も紹介していますので、腰痛でお悩みの方はぜひ参考にどうぞ。

腰痛を伴う病気

椎間板ヘルニア

椎間板は、背骨にかかる衝撃を緩和するクッションの役割をしています。
椎間板の中央にある髄核というゼリー質が外に飛び出すことで神経を刺激し、痛みやしびれを引き起こす症状が椎間板ヘルニアです。

軽症ではヘルニアが自然に吸収されるケースもありますが、悪化するとお尻や太もも、足へ痛みやしびれが広がり、歩行が困難になる場合もあります。

椎間板ヘルニアの治療法は症状により慎重に選択する必要がありますが、それほど重症でないケースでは、「日帰りが可能」「傷口が残らない」などのメリットから、近年レーザー治療(PLDD)が注目されています。

腰部脊柱管狭窄症

脊髄神経が通るトンネル状の部位を「脊柱管」といいますが、この部分が狭くなり神経を圧迫すると、脱力感を伴う腰や足への痛みやしびれが生じます。主には歩行困難、重症では排尿障害などの症状がみられます。
原因には加齢が挙げられ、高齢者に多い病状です。

脊椎分離症・すべり症

腰椎の一部が切れて分離してしまうのが脊椎分離症、分離した部分の上部の骨が前に滑ってしまい、痛みなどを引き起こすのがすべり症です。これらは4・5番目の腰椎に比較的みられやすい症状です。
激しいスポーツをしている子供にも多くみられる脊椎分離症ですが、このケースでは無自覚なことも多いようです。

急性腰痛症

いわゆる「ぎっくり腰」。突然発症することがほとんどですが、無理な姿勢などによる腰への負担が蓄積された結果といえる症状です。それほど重症に至らないことが多いですが、原因をはっきりさせ、適切な治療をすることが重要となります。

病名・症状別のおすすめ治療病院はこちら≫

腰痛の原因

背骨を構成する24個の「椎骨」とその間でクッションの役割をする「椎間板」、その周りの神経や筋肉などに何らかの不具合が生じると腰痛がおこります。

腰痛の原因として多く挙げられるのは、まず「姿勢」でしょう。長時間座り続けるデスクワーク、その真逆ともいえる肉体労働、どちらも腰痛の原因となり得ます。

稼働量ではなく、腰に負担がかかる姿勢を続けることが悪い刺激を与え、腰痛を引き起こします。また、腰痛があるからといって大事にしすぎると、運動不足から腰痛が悪化するケースも多くあります。その場合、ストレッチなどの軽い運動は大変有効なので、軽症の方は毎日続けるように心がけましょう。

その他、直接腰に負担をかけていなくても、精神的な緊張、胃腸や腎臓疾患といった内臓の病気が腰痛につながっているケースもあります。痛みが楽になる姿勢がない、発熱や冷や汗を伴うなどは、内臓疾患の可能性も考えられるので、早急に医師の診察を受けましょう。